会員向けメニューはIDと
パスワードを入力してご覧下さい。

※ID、パスワードは「奈整振ニュース」の「もくじ」に掲載しております。

ID
パスワード

トップページ » 新着情報 » 新型コロナの影響で稼働しなくなったレンタカー車両の定期点検について

新型コロナの影響で稼働しなくなったレンタカー車両の定期点検について

2020年05月20日

国土交通省は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により利用者が減少するなどで稼働しなくなったレンタカー車両の定期点検について、以下の全ての要件を満たす場合については、一時抹消登録された車両と同様、運行の用に供するものではないと解釈し、定期点検実施の義務はかからないものと取り扱うとのことです。

 要 件

(1)営業所毎に当面稼働させない車両の登録番号又は車両番号、
   非稼働期間及び非稼働開始時の総走行距離を記載したリストを提出する。
     
     リスト提出先 電子メール hqt-rentacar@gxb.mlit.go.jp
            または管轄する地方運輸支局輸送部門へFAX送信でも可

(2)当面稼働させない車両の鍵は貸出する車両の鍵とは別管理するとともに、当面
   稼働させない車両のフロントガラス内側から外に対して、当該車両が非稼働車
   両であることがわかるよう明示する。

(3)非稼働期間を満了した際には、定期点検整備を行い必要な整備を行った上で稼
   働を再開させる。なお、非稼働期間中に自動車検査証の有効期間を更新する場
   合にあっては、その時期に行う定期点検を実施する必要がある。

当面稼働させない車両については、当該非稼働期間に限り自動車任意保険に未加入であってもレンタカー事業の許可基準違反には該当しないこととする。


適用期間 令和2年9月30日まで
 なお、新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ適用期間を伸長することがある。